健康保険での靴やインソール

オリジナルインソールまでの流れ

1

足の専門知識、インソール製作の技術を持った義肢装具士が患者様の足について問診、評価を致します。

2

足の専門知識、インソール製作の技術を持った義肢装具士が患者様の足について問診、評価を致します。

3

採型後の足型に石膏を流し込み、インソールのベースとなるモデルを作製します。

4

モデルにインソールとなる材料を重ねて、加熱吸引機で成形します。

5

タコ、魚の目などの症状に応じて除圧加工を行います。

6

グラインダーでインソールにアーチの矯正加工や踵の角度調整などを行います。

7

インソールの表面にカバーを貼り付けて完成です。

8

患者様に出来上がったインソールをお試し頂き、アライメントの確認・調整を行い、お渡しになります。