商品分類一覧椅子ドウヤメソッド・腰痛ソファー
ドウヤメソッド・腰痛ソファー
ドウヤメソッド・腰痛ソファー ドウヤメソッド・腰痛ソファー ドウヤメソッド・腰痛ソファー ドウヤメソッド・腰痛ソファー ドウヤメソッド・腰痛ソファー
↑小さな画像をクリックすると、大きな画像をご覧いただけます。

エルゴフットの店舗(お茶の水整形外科が入っているビルの7F)でお買い求め頂く場合には1万円(税抜き)以上のご購入で送料を無料にさせて頂いております。

商品名:

ドウヤメソッド・腰痛ソファー

価格: 32,184円
送料: 1,080円
購入数

沖縄・離島の送料はお問い合わせください。 沖縄の送料が「0」になっておりますが、別途送料がかかります。

【サイズ】
幅71.5 × 奥行68〜110 × 高さ70〜113cm・※座面高36 ・ 42 ・ 48cm 重量:約18.5kg

ドウヤメソッド・腰痛ソファー

開発者の声

診察をしていると「ソファに座っていると腰痛がひどくなる」という患者さんがいらっしゃいます。確かにソファに座ると腰が沈み背骨が丸くなるため、基本的にはソファは腰痛には良くないのです。そこで「できれば食卓の椅子のような硬い椅子に座るようにしてください」とアドバイスしていますが、硬い椅子ではくつろぐことが難しいのも事実です。私自身、帰宅後はダラっとしてテレビを観たいので、ソファでありながら腰痛になりにくい椅子を開発できないかと長年考えていました。
この腰痛ソファは、腰を支えるクッションで腰椎のカーブ(腰椎前弯)を保つ事ができ、クッションの高さを上下に動かして調節する事ができます。また、クッションの厚みには2種類あるので、自分の腰の硬さに合わせて使うことができます。このソファが一人でも多くの方の腰痛を和らげるのに役立つことを願っております。


腰痛ソファー 6つのポイント

  1. 背もたれが垂直に
    背もたれを垂直に立てることができます。
  2. 腰クッションの厚さ選択
    クッションには大小2種類があります。腰にちょうど良い腰クッションの厚さを選択できます。
  3. 腰クッションの高さ調整
    腰クッションは上下にスライドできますので、腰の形や体格に合わせた高さに調整できます。
  4. 首支えが後ろにも
    首の支えが前だけでなく、後ろにも倒せますので、ときには首を後ろに反らした姿勢もとれます。
  5. 座面の高さ調整
    座面の高さを3段階に調整することができますので、体格に合わせた高さに調整できます
  6. くつろぐことに適したゆったり幅設計
    ゆったりくつろぎながらも腰に負担をかけにくい、正しい姿勢で座ることができます。

腰痛ソファ 使用方法

  1. 深く座る
    背もたれと頭の支えを垂直にして、座面の奥まで深く座り、股関節と膝および足首が垂直になっているかを確認します。
  2. 座面の高さ調整
    座面の高さが合っていなければ、ソファを横に倒して、付属の六角レンチで脚の高さを調整します。
  3. 腰クッションの高さ調整
    薄いほうの腰クッションを帯に取り付けて座面の奥まで深く座り、骨盤の上で腰を支えるように高さを調整します。腰の支えが足りなければ、厚い腰クッションに変えます。支えが無い方がよければ、腰クッションを外してご使用ください。
  4. 正しい姿勢で座る
    腰クッションが腰のくぼみにしっかり入り、腰を支えるようにして座ります。基本的には背もたれを垂直にしてご使用ください。
  5. リラックスしたい時は
    生活の場面に応じて、背もたれや頭の支えの角度を調整してください。背もたれを倒してリラックスする時でも腰椎前弯を保つことができます。

 「正しい姿勢とは?」

人間の背骨は椎骨と呼ばれる小さな骨が縦に積み重なっています。椎骨をつないでいるのが椎間板という軟骨で、背骨全体の動きを助けるクッションとしての役割があります。正常な腰椎(腰の椎骨)は横から見ると、全体としてゆるやかに前に反っています(腰椎前弯)。しかし、長時間腰を曲げた猫背の姿勢が続くと腰が丸くなり、この姿勢が椎間板のずれを引きおこすことがあります。そこで、座っているときにも腰椎が前弯した、正しい姿勢を保つことが大切です。

ergofoot!オフィシャルサイト

腰椎サポートオフィスチェア

“ドウヤ”メソッド 首支え枕

“ドウヤ”メソッドおし丸くん

”ドウヤ”メソッド腰椎支持クッション

腰椎サポートチェア

エスカーブベルト

エスカーブベルト

ドウヤメソッド・腰痛座椅子

いらっしゃいませ
ゲストさん